本文へジャンプ
研修・学習


あゆみ薬局では職員ひとりひとりの力量アップのため以下のような学習会を定期的に行っております。

 症例検討会
  














  




 医師学習会 

  吉祥院病院の医師を招いて学習することもあります。
























 病院研修   

  保険薬局だけだと分かりにくい病院内での仕事を見学・実習できます。薬剤科へ行き病院薬剤師の業務を体験したり医師の指導のもと診察室の様子を見学します。検査技師には検査室やレントゲン室にて検査の内容やその結果の解析などの講義を受けます。

 メーカー学習会

  気になる薬や新薬について定期的にメーカーに来て頂いて学習し
  ています。

 
新人研修カリキュラム

 カリキュラムは6ヶ月を目処に全ての業務が出来るように組まれています。
1ヶ月目は主に
調剤調剤内規を理解し調剤できる事。調剤機器の扱いや在庫の把握ができる事。それとともに電話対応やミストラブルについて学ぶ。
2ヶ月目は処方せん入力の実践をメインに。
3ヶ月目は服薬指導をメインにして保険の話も学ぶ。
4ヶ月目は
処方監査について。
5ヶ月目は在宅訪問開始。
6ヶ月目は
病院研修を行う。


薬局内以外でも研修や学習をしています!


アクセス

コムファ全体の学習会です。定期的に講師を招いて学習します

 <過去の学習会
     緩和ケアについて…京都民医連中央病院 中務医師
   がん化学療法…京都民医連中央病院 野崎医師

    プロが教える一歩上を行くマナーとは・・・
                   渡部 栄先生
 坪井 えつ子先生

     新薬の評価…大塚製薬 小林先生

   心の病とくすりの話…太子道診療所 北村医師

       眼科領域の薬物療法…太子道診療所  日比野医師
      アスベスト公害の現状と当面の課題…
             元京都工業繊維大学教授  泉 邦彦先生

薬剤師研修

就職4年目までの京都民医連の薬剤師を対象に研修が行われます。
1ヶ月目 オリエンテーション 患者様の話を聞いたり交流会を
     行う。

半年目   民医連の病院、薬局を見学する。

1年目   新人症例発表 自分が1年間の中で気になった症例
       発表する。

2年目  治療について理解を深める      
     例えば:テーマ「検査値からわかる事」

3年目  テーマに沿って討論する。在宅医療、介護保険につい
     て学ぶ
  
          例えば:テーマ「薬剤師の老人医療への関わりと問題点」
4年目   テーマに沿って調べる事で理解を深め、発表する能力を身
       につける。日常的に問題意識を持つ。

     例えば:テーマ「必要性に疑問がある薬」


 エリア研修

   京都民医連の各施設はブロックごとに区分けされています。
   各ブロックごとに研修が行われます。
   研修対象は薬剤師の他、看護師、検査技師、医療事務など他職
   種に及びます。
   研修は経験年数により基礎研修、中堅研修、管理者研修の3つに
   分けられ総合的医療活動、経営活動、社会保障、反核平和の運
   動、共同組織、ともに育ちあう教育、後継者の養成などを柱に行
   われます。


その他

  近畿薬剤師交流集会、学術運動交流集会、全日本民医連糖尿病
  シンポジウム、社会薬学会、医療薬学会、近畿薬剤師学術大会な
  ど様々な学会・勉強会に参加、発表しています。 

 








この日の学習会は肛門科・外科の倉田医師を招いての「ウンコと体質」をテーマにインドの伝統医学アーユル・ヴェーダの考え方をわかりやすく講義していただきました。
過去には糖尿病の話や漢方薬の話など様々なテーマで学習会が行われています。
毎月担当者が気になる症例をピックアップして医薬品や疾患について検討を行っています。
あゆみ薬局